ワンゲートロジックを利用するメリットについて

ワンゲートロジックは現代の集積性の高い回路を実現するために非常に重要な素子と言われています。古くはロジック回路を構成する場合にはICと呼ばれる素子を利用する事が多く、この中に内蔵されるゲート回路を組み合わせて様々な電子機器の動作を実現していました。近年ではカスタムLSIの様な非常に集積度の高い物が広く利用されており、ICを利用する事は殆ど無くなりましたが、それでも既存の集積回路に動作を追加したい場合などは使用されるケースも少なくありません。
但し、多くのICは形状が決まっているためその形状に効果的に回路を収容するために複数の素子を内蔵しているケースが多く、使用しない素子が有ることも少なくありません。しかし、電力の面からは無駄なものとなるため、その無駄を省くために使用されているのがワンゲートロジックです。

電力の節約は重要な課題となっています

従来の電子回路では電力の課題はあまり大きな問題にならないことも多い物でした。高度な動作をする電子機器はその殆どが外部から安定した電源が供給されることが多く、携帯型の機器はバッテリーの動作時間が限られているためにその範囲で動作をする事が見つめられている風潮が有り、高度な性能を要求されることが少なかったのです。
しかし、ノートパソコンやタブレット、スマートホンといった携帯機器を利用することが非常にポピュラーとなり、これらに高い動作性能が求められるようになったことで回路の集積化と省電力化が大きな問題となっていることから、極力消費電力を減らすためには従来の様なロジックICの中で利用していない素子が消費する電力も大きな無駄と認識される様になったことから、その消費電力を減らすことが大きな課題となっています。

既存の集積回路の効率利用が可能です

現代の電子機器はその進歩が早く、常に新しい機能を持った最新型機種が次々と発表される様になっています。しかしその基本的な機能は変わらないことから、多くの場合には従来の電子回路が流用され、カスタムLSIがそのまま利用されることも少なくないものです。
逆に軽微な変更であってもカスタムLSIはすべて開発し直しとなる事になりますが、その費用は非常に高額となるため、新機種で動作が変わるたびに作り直すのでは負担が大きいため、カスタムLSIの回路を改良する方法としてワンゲートロジックが利用されることが多いのです。その場合、新たにLSIを開発する費用を削減することが出来るためコストが削減でき、またLSIの開発期間が無くなるので早く新機種を発表することが出来るようになります。

リピート注文も自動発注や手動発注ができます。 何か緊急で調達しなければならないときはザイコストアにご相談ください。 品質の保証は全製品1年間となっています。 「ひとつから」サービスは対象製品がありますのでご確認ください。 お客様に安心してご利用いただけるよう研究ラボで品質検査の向上を目指しています。MOUSER社の正規代理店だから、購入価格がMOUSER通販サイトと同じ価格で購入できます。 ワンゲートロジックも一括検索ですぐにみつかる!