ワンゲートロジックを使用する時の注意点について

電子回路の中でもマイコンを制御する信号やマイコンから送られてくる信号を処理する時、ロジック回路を構成する必要があります。
ロジック回路は論理回路と呼ぶもので、論理回路を構成する時に必要になるのが汎用ロジックICです。
汎用ロジックICにはゲート回路、フリップフロップ回路、レジスタやシフトレジスタ、ラッチ回路、加算器やコンパレータなどの種類があります。
ちなみに、フリップフロップ回路は二進法の基本となる1ビットを一時的に0もしくは1の状態に保持する事が出来る論理回路の一つで、マイコンのキャッシュメモリやレジスタを構成する基本回路です。
汎用ロジックICは、内部に2つ以上の論理回路が構成されているのが特徴ですが、これをコンパクトにまとめて構成が行われている論理回路用ICをワンゲートロジックICと呼びます。

CMOSDタイプ・フリップフロップ回路について

半導体の構造の一つにCMOSと呼ぶものがありますが、CMOS技術を利用した論理回路用のICには、Dタイプ・フリップフロップ回路があります。この論理回路はフリップフロップ回路の一つで、他にもRS型やJK型、T型などの種類があります。
D型のフリップフロップ回路は、D端子を入力信号、CK端子はクロック信号、2つの出力端子から構成が行われる論理回路です。
クロック信号の立ち上がりおよび立下りのタイミングで入力信号の状態を保持、出力を変化させる事が出来るなどの特徴を持ちます。
ちなみに、D型フリップフロップ回路の中でも汎用性が高いものに、SN74LS74などの品番のICがありますが、SN74LS74は1つのパッケージの中にD型フリップフロップ回路が2回路収められているタイプになります。

ワンゲートロジックは基板の実装密度を高める効果を持ちます。

SN74LS74は14ピンのパッケージタイプのICで、内部にはDフリップフロップ回路が2回路入っているのが特徴です。
電子回路を設計する時、仮に2個以上のDフリップフロップ回路が必要な場合は、SN74LS74を利用する事でプリント基板への実装も1個のICだけで済むなどのメリットがあります。
しかし、必要な回路は1個だけの場合は、TC7W74などのワンゲートロジックICを使用した方が回路の無駄が生じない、しかもTC7W74のピン数は8ピンになるため、プリント基板の実装密度を高める効果にも繋がります。
最近の電子回路はより複雑なものが多くなっていますが、回路が複雑になると同時に電子機器は小型化が要求されているため、実装密度を高める工夫を行う事が必要です。